セルフ現金化のメリットと懸念材料について

自分でショッピング枠現金化をする方法|換金しやすい商品は?

ショッピング枠の現金化は、やはり信頼できる業者をとおりて行うのが無難でしょう。自分ですることも可能ですが、デメリットやリスクを理解しておく必要があります。実際に自分で売却して現金化できるものについてもまとめました。

換金率100%超えを狙えるやり方

え?換金率高すぎ…

ショッピング枠現金化するにあたって、方法は必ずしも専門業者を利用しなければならないとは限りません。業者を介することなく自分で現金化することも可能です。
しかし、専門業者を利用しないメリットがある一方で、デメリットが生じることは避けられず、お得な方法とは言い切れません。
場合によっては大きなリスクを伴う可能性もあるので、ご自身で行う場合には十分な知識と注意が必要となります。

自分で現金化する方法とは?

業者を通す通さないを問わず、いずれの現金化であっても、一旦何かしらの物品を購入して、それを売却して現金に変えるという流れは変わりません。
業者を通す場合は指定された商品を購入して現金化するところまでを全面的に代行してくれますが、自分の場合は自己判断で高く売れるものを購入して転売、換金しなくてはなりません。
例えば、ブランドバッグやプレミアアイテムを大量に購入して、可能な限り高価買取をしてくれる業者に持ち込み、買取ってもらうといった要領です。

自分で商品を選ぶため、うまくいけば換金率を最大まで高めることもできますし、場合によっては商品に付加価値が生じて、例えばライブのプレミアチケットなど入手困難なアイテムとなれば相場価格より高く売ることもでき、換金率を気にするどころか逆に増える可能性もあります。

自分で現金化するデメリットは?

得をする可能性もあるセルフ現金化ですが、ショッピング枠現金化そもそものメリットである手早さと手間の無さが失われてしまうのがデメリットです。
業者を利用すれば、厳しい審査もなく、ほとんど手間をかけずに即日現金化が可能です。
自分で現金化するとなると、物品を購入してしかるべきタイミングで売るという手間と時間が生じてしまい、スムーズに現金を手にすることはできません。
そのうえ、必ずしも換金率を高めて在庫を捌ける保証もなく、大きく損をしてしまう可能性すらあります。
また一番危ないのが、現金化目的でショッピング枠を利用していることがクレジットカード会社に知られた結果、利用停止にされてしまうリスクがあることです。

安全性を考えるならば専門業者へ

よほどこの手の転売などに知識と馴れがある方でなければ、専門業者を利用してショッピング枠現金化することをお勧めします。手早く安心して現金化できますし、利用停止になるリスクも生じません。
業者利用に抵抗を感じる方もいますが、悪質な業者はほんの一部です。優良業者を選び出すこと自体はそこまで難しくはありませんので、しっかりと吟味すれば問題ありません。

専門業者を利用するメリット

現金化できる商品

業者を通さずに、自分の周りにあるもので現金化することも可能です。現金化できるものとして有名ものをいくつかピックアップし、ご紹介します。

「アマゾンギフト券」を現金化

アマゾンギフトカード

世界最大規模と言われる、ECサイトのAmazon
このネットショッピングモールで使える金券がアマゾンギフト券です。

コンビニでも販売されているため、誕生日祝いや出産祝い、粗品にも最適であり、贈り主にとってはプレゼント内容を考える必要がないというメリットもあります。

なお、アマゾンギフト券は公式のアマゾンサイト内でも購入することが可能です。

アマゾンギフト券販売ページ(Amazon公式サイト)
https://www.amazon.co.jp/gp/gc

しかし、アマゾンギフト券には1年から3年の有効期限が設定されています。
金券よりも現金の方が嬉しい、有効期限が迫っているという人は、以下の方法で現金化してみるのも良いかもしれません。

金券ショップで売却する

アマゾンギフト券は街中で営業している特定の金券ショップにて売却でき、その換金率は8割前後が相場です。

最も簡単な売却手段となりますが、問題は取扱店が限られているという点です。
アマゾンギフトには有効期限が設定されている点や、売主がギフト券売却後にコードを不正使用する恐れなどから、買い取る店舗にとってのリスクがあるとされています。
そのためスムーズに買取店を見つけられるかがネックになりそうです。

最近では、ネット専門のアマゾンギフト券買取業者も存在しています。
買取率は金券ショップよりも高く、9割前後が相場です。
24時間対応している店舗が多いため、信頼できる業者と出会えればスピード売却も可能となります。

24時間対応の買取タイガー

不要な「家電」を売却

家電をリサイクルショップへ

リサイクルショップと言えば、家電も欠かせない話となってきます。

・買ってみたけれど、思っていたほどの役割を果たしてくれなかった。
・新しい製品を購入するから今まで使っていた物を処分したい。

引越しや買い替えにより、手持ちの家電が不要になってしまった時は、廃棄ではなく現金に換えることを検討しましょう。

リサイクルショップや中古家電専門店へ

物品である以上、家電の主な売却先はリサイクルショップとなります。
季節やトレンドにより、買取値段は大きく変動しますので、まずは査定を受けてみましょう。
新製品の家電は高値での売却を望めますが、店舗によって買取強化しているジャンルも違います。
複数の業者に査定依頼を出し、条件の良いところを選ぶよう心掛けましょう。

大手チェーン店ならば、1点からでも無料にて訪問査定を実施してくれます。
わざわざ店舗まで持ち運ぶ必要もありませんので、自宅に居ながら好きな時に家電を売却できます。
ちなみにジャンル問わず中古品を買い取っている業者よりも、家電を専門に扱っている業者の方が査定額は高くなりがちです。
理由は、専門知識に長けたスタッフが現在の相場から査定額を算出してくれるからです。

オークションサイトでの売却

リサイクルショップは転売により収益を上げています。そのため中古品や不人気な家電であれば、買取不可と告げられることも珍しくないです。
そういった場合にはオークションサイトを利用して、少しでも現金に換えるようにすると良いでしょう。

オークションサイトには、少しでも安い値段で家電が購入できないかと考えているユーザーが集まっています。
中古買取店にて価値がないと言われた製品であっても、買い手が見つかる可能性は充分あります。
廃棄処分にかかる費用を考えると、数千円という値段でも売れれば儲けものと言えるでしょう。
希望金額を自由に設定できることが、オークションサイト最大の強みです。

ゲームを現金化する方法

ゲームを現金に変える

ファミコンが発売されてから30年以上も経ちますが、未だにゲーム市場は衰えることを知りません。インターネットを利用したオンラインゲームまで含めると、その規模は拡大していると言えます。
それではゲーム機やソフト、オンラインゲームを利用して、現金を得ることはできるのでしょうか。

ゲーム買取ショップ

新作又は中古ゲームを販売しているショップでは、買取サービスもしている場合がほとんどです。
古い作品になると価値も下がってしまいますが、新作ソフトならば、定価の5割から8割程度で売れるでしょう。人気で品薄状態のものであれば、定価を上回る場合もありますが、それはほんの一時的なものです。
ゲーム機本体の場合、1台あたりの値段がソフトよりも高いため、数千円から数万円の差額が生じます。買取ショップの在庫状況により、売却値段は変動すると言えます。

RMT

オンラインゲームやスマホゲーム上でのアカウントやデータなどを、現実のお金に交換する、これをRMT(リアルマネートレード)といいます。
RMTを規約上で制限しているゲームもあれば、制限されていないゲームもあります。
RMT専門のサイトを経由し、プレイヤーはゲーム内の通貨やアイテム、場合によってはアカウントそのものを現金に換えることができます。

この方法の問題点は、買い手がすぐに見つかるとは限らないこと。つまり、好きな時に現金化できる方法とは言い切れません。

電子マネーを現金化する方法

電子マネーを現金に変える

前払いで現金を支払うプリペイド型の電子マネー。いまとなってはかなり馴染みの深いものとなってきました。
しかし場合によっては、チャージしてからその電子マネーを使わなくなるケースも考えられます。少額であれば諦めもつくでしょうが、金額が大きくなれば現金に戻したいと思うはずです。
電子マネーは使いきることでしか、清算することはできないのでしょうか。

解約による現金化

鉄道会社やバス会社が提携発行している交通系電子マネーは、解約により現金を払い戻せます。
駅やバスの営業所、関係窓口に行き、手続きを踏むだけです。
200円から300円の手数料が発生する電子マネーもありますので、まずは残高と手数料の有無を確認しておきましょう。
電子マネーのカード発行時にデポジットを支払っているなら、それも返還されます。
詳しくはsuicaやpasmoなど交通系電子マネーの公式サイトの規約をご確認ください。

Suica公式サイト
http://www.jreast.co.jp/suica/
PASMO公式サイト
https://www.pasmo.co.jp/

払戻が難しい電子マネーの現金化

払戻が正規に認められている電子マネーは、交通系電子マネーなど限られています。
コンビニで購入できるコード付き電子マネーについては、悪用を防ぐために金券ショップが買取を制限しています。
そのためオークションサイトで販売されている商品券を購入し、それを金券ショップで現金化する方法が1番手間のかからない現金化となります。
換金率は店舗によって異なりますが、国際ブランド発行の商品券であれば、額面の90%から98%で買い取ってくれます。

オンラインゲーム課金や音楽ダウンロード時の決済に使われる電子マネーなら、ネット上で買取をしている専門店がいくつかあります。
手続きは全てネット上から行いますので、24時間売却が可能です。
端数にも対応している店舗もありますが、買取率は8割ほどと物足りなさを感じるかもしれません。
ただし、いち早く現金に換えたいのなら便利です。
また、必ずお店の評判を確認してから、利用を検討してみましょう。

トクする
現金化業者を選ぶ
詳しく知ろう
ショッピング枠の現金化

ショッピング枠の現金化は、やはり信頼できる業者をとおりて行うのが無難でしょう。自分ですることも可能ですが、デメリットやリスクを理解しておく必要があります。実際に自分で売却して現金化できるものについてもまとめました。

Copyright © 2016 ショッピング枠現金化厳選30社比較 - All Rights Reserved -