ショッピング枠現金化-優良業者の選び方を解説

ショッピング枠現金化で優良店を見極めるために大事なポイント

悪徳店を避け、優良店を選ぶことはショッピング枠現金化においても鉄則です。業者が公開しているホームページをよくチェックし、電話対応などにもおかしい点がないかを冷静に見極めましょう。

優良業者を見極めよう

悪徳業者に引っかかって損しないために

ショッピング枠現金化は法律には違反するものではありませんし、自身の計画性さえしっかりしていればまったく問題なく利用できる便利な現金調達システムです。
安全性を求めると専門業者を利用するのが一番ですが、残念なことに悪徳業者も存在するのが事実です。
優良・悪徳双方の特徴を見極め、これから初めてショッピング枠現金化を利用するという方は特に、信頼できる業者を選べる知識を身に付けておきましょう。

ホームページの情報が充実しているか

インターネット上で業者の公式サイトを見て、そのまま申し込み手続きという流れが最も一般的な流れですが、その前にホームページで安全な業者かどうか見極めましょう。
真っ当な業者であれば、会社概要に記載されている情報が充実しています。所在地や運営者、業者規模、電話番号など、必要な情報が無いサイトは非常に危険です。
さらに細かい部分まで言えば、会社概要が画像で記載されているか、テキストで記載されているかもチェックして良いでしょう。ホームページの会社概要部分が画像になっていて、テキスト部分をコピーできない(Googleから認識されない)ようになっている業者は避けておいた方が無難です。できれば会社情報を拡散してほしくない、という疚しい事情があると考えるのが自然だからです。
また、掲載されている情報が正しいものかも判断しなければいけません。
記載されている電話番号に実際にかけて問い合わせてみるのも良いですし、運営会社があるようなら情報を辿って存在する業者か確認してみるのも良いでしょう。
必要な業者情報が確認でき、その信憑性も確信できれば、ひとまずは悪徳業者ではないと考えて良いでしょう。

個人情報を必要以上に聞き出す

現金の授受があるため、ショッピング枠現金化を消費者金融の一種と勘違いする方がいますが、それは間違いです。
あくまでもクレジットカードのショッピング枠を利用して、利用者の買取代行をしているだけであり、業者からお金を借りるわけではありません。
そのため、ショッピング枠現金化をするためには、消費者金融のように厳格な審査は必要とされません。
利用するために必要なのは本人名義のクレジットカードと、名義と利用者が一致しているかを確認するための身分証だけです。
ですので、審査などを名目に、執拗に個人情報を聞き出そうとする業者は危険です。必要のない個人情報を吸い取ろうとするのには、なにかしら裏があるからです。例えば、その個人情報を闇金業者に流す、など…それこそ、ショッピング枠現金化業者の皮を被った闇金業者そのもの、という可能性すらあります。
手続きには身分証明書とクレジットカード以外必要としない、これをしっかり覚えておきましょう。
逆に優良業者は、利用者がそういった面に不安を覚えることをよく理解し、そこをケアした対応を心がけます。できるだけシンプルかつスムーズにやりとりが進むように努めているので、両者の対応の差は歴然です。
電話越しに違和感を覚えたら、一度利用を踏みとどまってよく考え直すようにしましょう。

基本的にはクリーンな業者がほとんど

ショッピング枠現金化をサービスとして提供している業者はたくさんありますが、大半は優良な業者と考えてもらって大丈夫です。
上記の業者情報と個人情報の提示の二点さえ気をつければ、悪徳業者に引っかかることはまずありません。
ただ、業者によって換金率などサービスの差がないわけではありません。いくら真っ当な業者だったとしても、換金率があまりにも低いようでは、結果として損をしてしまいます。損をしないためには換金率の相場もある程度知っておく必要があるでしょう。
自分にとってどの業者が最適なのか、しっかり業者同士のサービス情報を照らし合わせた上で、選択するようにしましょう。

換金率で選ぶ優良業者5選!

トクする
現金化業者を選ぶ
詳しく知ろう
ショッピング枠の現金化

悪徳店を避け、優良店を選ぶことはショッピング枠現金化においても鉄則です。業者が公開しているホームページをよくチェックし、電話対応などにもおかしい点がないかを冷静に見極めましょう。

Copyright © 2016 ショッピング枠現金化厳選30社比較 - All Rights Reserved -