ショッピング枠現金化は違法?その懸念を解消する根拠

ショッピング枠現金化は法律的にも問題なし!その理由を説明します

ショッピング枠現金化の法律的な問題を懸念される方もいますが、そういった心配は必要ありません。違法ではないので、利用したとしてももちろん逮捕されたりすることはありません。

現金化で捕まることは…?

逮捕されると心配していませんか?

クレジットカードにおけるショッピング枠は通常、「欲しいものがあるけれども、その場で現金で買うことが金銭的に難しい……」というような、現金での購入が困難なときに活用されるものです。
もしくは生活における支払いをすべてクレジットカードによる後払いでまとめることにより、支出の管理をしているという方もいるでしょう。
カード決済した場合、だいたいの場合翌月にカード会社から利用分を請求され、一括払いが難しければ分割、あるいはリボ払いなどに変更して返済をしていくこととなります。
ショッピング枠現金化は、現金を得るためにクレジットカードを利用する、という点でこの通常の流れとはやや性質が異なります。そして、各カード会社は「現金化を目的」とした利用を規約で禁止しています。
そのこともあってか、ショッピング枠現金化は手早く現金を得られる便利な手法ではあるものの、法律に違反するのではないかと心配する方も少なくありません。

現金化は違法ではありません

ショッピング枠現金化にはいくつか手法がありますが、ここでは多くの現金化専門業者が行う買取方式の現金化についてご説明します。
買取方式の現金化を簡単に説明しますと、まず業者が指定する商品をクレジットカードのショッピング枠を利用して購入します。
その購入した商品を、今度は業者が提携している古物買取業者に買い取ってもらいます。結果として、利用者の口座に買い取ってもらった分の代金が振り込まれ、現金化が完了となります。
たしかに、始めから商品を買い取ってもらうことが前提となっている利用とも見れますが、ショッピング枠現金化業者と買取業者を別で立てることにより、これは外部からは判別ができないようになります。つまり、通常のショッピングが行われたようにしか見られず、カード会社の規約違反で利用停止になることもありません。
また、そもそもこういった現金化を罪として取り締まる法律は存在しません。罪が存在しない以上、摘発されることもありません。
なお、買取方式の他にキャッシュバック方式という手法もあります。こちらは買取業者を噛まさずに直接現金化業者がキャッシュバックを行う形になるため、場合によっては業者が貸金業法違反で摘発される場合があります。とはいえ、利用者側が捕まることはありません。
あくまで、業者が換金率や手数料という名目で、違法金利を取っていると見做された場合に起こることとして認識しておけば問題ありません。

違法だと感じる理由

前項で説明したとおり、ショッピング枠現金化は法律に違反する行為ではありません。
それでもグレーなイメージが世間に広まっているのは、カード会社の利用規約に抵触しているためです。
クレジットカード会社が提供するショッピング枠は、買い物時にその場の現金での購入が難しいときに役立てられるものであって、手っ取り早く現金を得るために利用されるものとは想定されていません。
そのため、もしカード会社が利用規約に抵触していると判断した場合、カードが利用停止になる可能性はあります。その後に同じカード会社で新規発行するのもおそらく難しくなるでしょう。
ショッピング枠現金化は違法ではありませんが、カード会社としては望んでいないグレーな存在なのです。
とはいえ、ショッピング枠現金化としての利用であったとしても、クレジットカード会社は手数料を得ることができます。表向きは禁止としているものの、実際にそれを撲滅するために本気で対策を講じているかと言えば、そこには疑問が残ります。
建前上は禁止していても、実際は黙認している、という状況が以前から続いていると見てよいかもしれません。

トクする
現金化業者を選ぶ
詳しく知ろう
ショッピング枠の現金化

ショッピング枠現金化の法律的な問題を懸念される方もいますが、そういった心配は必要ありません。違法ではないので、利用したとしてももちろん逮捕されたりすることはありません。

Copyright © 2016 ショッピング枠現金化厳選30社比較 - All Rights Reserved -