お金に困ったら!ショッピング枠現金化の他の選択肢

ショッピング枠現金化の他に借金一本化も検討を!お金に困った時の対処法

現金に困ったときの対処法はショッピング枠現金化以外にもいくつかあります。その中でも学生ローンやビジネスローンなどを紹介し、どちらの方がおすすめかを比較しています。

現金化以外の調達法

現金に困ったときに即座に対応してくれるショッピング枠現金化はたしかに便利なサービスではありますが、利用したことのない方からすると不安に感じる部分もあるでしょう。
ショッピング枠現金化の代案となりえる現金調達法や対策法をいくつかピックアップし、どちらが優れているかを簡単に比較してみたいと思います。

学生ローン

教室の机と黒板

学生は社会的には無職扱いになることから、消費者金融などキャッシングの審査に通りにくいです。大手消費者金融や銀行系カードローンでは収入の有無を問わず学生の利用を禁止しているケースもあります。
そんな学生に適した現金調達方法としては、ショッピング枠現金化の他に学生ローンがあります。

ショッピング枠現金化との比較も含めて学生ローンの特徴とメリット・デメリットをまとめました。

学生ローンは安全

学生ローンは個人経営の小規模業者が中心ですが、貸金業の届出をしている正規業者なので安全性は高いです。
金利は利息制限法の上限(100万円以下で年率18%)以下になっています。
ショッピング枠現金化は利用した瞬間に優良業者でも10~20%前後の手数料を取られます。コストで見れば学生ローンを利用するべきでしょう。

学生ローンの注意点

学生ローンといっても、20歳未満の未成年者は利用できない所も多く、利用できても親権者の同意を求められます。また、契約書類のやり取りなど手間と時間もかかります。
その点、ショッピング枠現金化なら、電話して10分~20分程度で入金されるのでスピードと利便性に優れています。

学生ローン一番の問題点は業者の数が少ないことで、来店不要業者でも大手消費者金融やショッピング枠現金化業者に比べると利便性は劣ります。
また、クレジットカード発行に比べると審査は厳しく、少額融資にしか対応してもらえないケースも多いです。

追加利用できない

学生は収入を増やすにも学業がある都合上、限界があります。学生ローンは借入残高があると追加融資の審査は厳しくなり、再契約時にも手間を要します。
ショッピング枠現金化であれば、ショッピング枠の範囲内であれば何度も繰り返し利用できますし、手間をほとんど要しません。
学生ローンを選ぶくらいであれば、始めからショッピング枠現金化を選んでおいた方が無難、と言えるでしょう。

ビジネスローン

ビジネスマンとお金

ビジネスローンとは、将来性のあるビジネスに対しての融資として貸付を受けることができるサービスです。
審査を通過するには必要書類を揃えたり事業計画書を作成する手間もあります。
事業拡大のためにまとまった資金調達をするならビジネスローンや銀行融資の利用価値は高いですが、ちょっとした運転資金の不足を賄う場合などは、ショッピング枠現金化の方が便利です。

ビジネスローンや銀行融資は現金調達法としては王道ですが、その分審査も厳しく、迅速性に欠ける部分があります。
ショッピング枠現金化はたとえ会社が赤字でも利用でき、ピンチの際にすぐに対応してもらえる安心感があります。
また、ビジネスローン利用のために労力を費やすなら、簡単な方法で資金調達して仕事に費やす時間を優先したいという考えを持つ経営者も多数います。

借金の一本化

借金一本化の看板

複数の相手から、自分の返済能力を超えてお金を借りてしまう多重債務状態。
毎日のように返済の催促・支払督促などを受け、生き地獄さながらの日々を過ごすことになるため、気の休まる時がありません。
このような状況から脱却するための手段として活用されているのが「借金の一本化」です。借金の一本化とは、複数の金融機関からの借り入れを一つの会社にまとめることです。
一本化されると返済日もまとめられるので、資金繰りもしやすく計画的な返済が可能になる、というメリットもあります。

借金の一本化には「借り換え」や「おまとめローン」などと言われる、借入先の金融機関を一つにまとめる方法が一般的です。
この場合、低金利でまとまった金額を融資してくれる金融機関に借金をまとめることができれば、その後の支払金利も低くなり将来的に負担も減ります。
ですが、実際に他の業者からの借入を完済するためには、将来発生する金利を現時点で全額支払うことが必要となりますので、借金の額自体が減ることはありません。
また、返済期間を長期にすると月々の支払いは楽になりますが、支払う利息の累積額が多くなることもあるので注意は必要です。契約の前によく確認しましょう。

借金返済を楽にする別の方法

借金の弁済を楽にする別の方法として、債務整理というものがあります。
債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産の三種類がありますが、費用も時間もかからず、手続き後の規制などがかからない任意整理が最も無難な方法と言えます。

任意整理がうまくいけば、借金そのものを減らすことができます。また、マイホームなどの財産も放棄する必要もありません。
手続きは自力で行うことも可能ですが、債権者との交渉にも手馴れている弁護士や司法書士など、専門家の手を借りるのが良いでしょう。

しかし、任意整理にもデメリットはあります。
任意整理は裁判所を通さず、金融機関等の債権者との話し合いによって借金を減額してもらったり、金利を減らしてもらったりすることになります。
金融機関からの心証は確実に悪くなりますので、ローンが組めない、クレジットカードも作れない、などのデメリットが発生する恐れがあります。

トクする
現金化業者を選ぶ
詳しく知ろう
ショッピング枠の現金化

現金に困ったときの対処法はショッピング枠現金化以外にもいくつかあります。その中でも学生ローンやビジネスローンなどを紹介し、どちらの方がおすすめかを比較しています。

Copyright © 2016 ショッピング枠現金化厳選30社比較 - All Rights Reserved -