ショッピング枠現金化って一体何?その概要を解説

ショッピング枠の現金化活用の前に!知っておきたい基本情報

ショッピング枠現金化は、現金が足りない時に助かる便利なサービスです。その審査についてや、未成年や無職でも利用できるのかについて検証しました。

ショッピング枠の活用

お金がないけど今ほしい…そうだ!カードで買お!
  • 出費が重なって一時的に手持ちが苦しくなってしまった
  • 高価だけれども今を逃したら二度と手に入らない商品がある

そんな時には、クレジットカードのショッピング枠を利用することで悩みを解消できます。
そして、このような通常のお買い物以外にも、ショッピング枠を活用する方法があります。その一つが「ショッピング枠現金化」と呼ばれるものです。

ショッピング枠の現金化とは?

クレジットカードには、商品やサービスを後払いで購入できるショッピング機能と、現金を直接借り入れするキャッシング機能の2つが備わっています。
いずれにも数十万、数百万と限度額がカードそれぞれに設定されていますが、ショッピング機能の限度額のことを「ショッピング枠」と呼びます。
そして、このショッピング枠を利用して現金を得ることができるサービスのことを、ショッピング枠現金化といいます。
本来現金を得るのであればキャッシング枠を使うところですが、仮にキャッシング枠が限度額に達していて利用できない場合でも、ショッピング枠現金化を利用することで現金を得ることができるのです。

ショッピング枠現金化をするには

ショッピング枠現金化は、クレジットカード会社が提供しているサービスではありません。
カード会社とは別の、現金化を行う専門業者が存在しますので、そこに依頼することで利用できます。厳密には業者を通さずに自分自身でショッピング枠の現金化をすることも可能ですが、それには多くのデメリットやリスクがあるため、業者を通すことを強くおすすめしています。

セルフ現金化をおすすめしない理由

利用者が業者に現金化を申し込み、ショッピング枠内で業者が指定する商品の購入手続きを行い、クレジットカードにて決済します。
購入した商品は、現金化業者が提携している買取業者によってあらかじめ決められた換金率に応じた金額で買い取られ、その買取代金として利用者の口座に現金が振り込まれます。
自分名義のクレジットカードさえあれば誰でも利用でき、即日で現金が手に入ることから、いざという時に頼れる存在となっています。

危ない行為に見えるけど大丈夫?

クレジットカード会社自体が現金化に対応しているわけではなく、恐らくショッピング枠現金化について調べてみると、その危険性を訴える内容を目にすることと思います。
これにより違法行為と勘違いされることもあるのですが、ショッピング枠現金化を行ったとしても法律に反することはありませんのでご安心ください。
クレジットカードを換金目的で使用することはカード会社規約によって規制されてはいますが、これは誤った使用により引き起こされてしまうトラブルを防ぐことが目的で、厳格に取り締まられるわけではありません。
長く運営している専門業者に任せていれば、しっかりとした商取引の形を取ってくれるので、規約違反に引っかかる心配もありません。

こんな時に便利なショッピング枠現金化

ショッピング枠現金化の審査

審査中と書かれた紙

手持ちのクレジットカードを利用して、現金を調達するショッピング枠現金化については、定職についていない人や無職の人も行うことができます。
その理由は、厳格な審査が存在しないからと言われています。

こちらでは、ショッピング枠現金化を行う際の申請手続きを確認し、本当に審査が要らないのかを確認してみます。

ショッピング枠現金化の申請手続き

取扱い業者に共通した手続きとして次のものがあります。

  • 身分証明書(運転免許証、住基カード等)の提示
  • クレジットカードの提示

上記二点の表裏を撮影した画像を業者に送付することで申請が完了するのが一般的です。
これら二点をセットで提出する理由としては、クレジットカードの偽造や盗難による不正利用の防止と、利用申込者とカードの名義がの一致しているかを確認するためです。

ショッピング枠現金化を利用するための手続きはこれでほぼ完了すると言っても差し支えありません。所得証明書類や、サラリーマンであれば勤務先に現職で働いていることを証明する在籍証明書の提示が求められることはありません。

その理由は、カードローンやキャッシングなどの借入と違い、ショッピング枠現金化という行為が金融業には該当せず、貸金業法の総量規制を受けないため、収入・所得の証明などの審査が不要だからです。

申請手続きの課題

利用するための申請手続きは、身分証明書とクレジットカードの提示だけで完了します。
この点について、身分証明書の画像を提示するのは理解できると思いますが、ナンバーや暗誦番号が記載されたクレジットカードの画像を提示することには、正直抵抗を感じる方も多いでしょう。
もし、取引しようとしている相手が信頼に値しない悪質な業者であったら、自分の個人情報の流出につながるおそれがありますし、カードを不正利用される深刻なリスクもあります。

実際に、ショッピング枠現金化業者の中には、さまざまな手口で利用者を食い物にする悪質な業者の存在が懸念されています。
申請手続きで手に入れた利用者の個人情報を闇金業者に流す業者や、相場よりも大幅に低い換金率を提示し、これに渋って契約締結の二の足を踏んだ利用者に対して、ヤクザまがいの態度で脅迫し法外な解約料を請求する業者もいると言われています。

このような悪質な業者を選んでしまわないようにすることは、ショッピング枠現金化を利用する上で必須条件と言えるでしょう。

悪質な業者に引っかからないようにするには

何歳から現金化はできる?

1から10までの数字

ショッピング枠現金化に年齢制限はあるのか?について検証していきましょう。
利用の前提として「自分名義の」ショッピング枠のあるクレジットカードを持っていないといけないので、カードを作れない年齢では基本的にショッピング枠現金化もできません。
クレジットカード自体は、種類によっては18歳から持つことができます。
しかし、自分名義のクレジットカードを持っていたとしても、未成年では利用不可、としている業者が大半です。20歳以上であれば、どこの業者でも問題なく現金化できます。

買取は法律による制約がある

ショッピング枠現金化に限らず、質屋やリサイクルショップ、Amazonギフト券の買取は未成年者の場合、保護者の同意書がなければ利用できない場合がほとんどです。古物営業法や各自治体の条例によって制限されていることが主な理由です。

未成年者は親の私物を勝手に売ったり、お小遣い稼ぎを目的に万引きをする事例もあるため、買取には法律での制限がついています。

無職でも利用できる?

無職でお金に困って途方にくれる男性

ショッピング枠現金化は、定職についていない人や無職の人も、行うことができるのでしょうか?
この疑問について検証してみましょう。

ショッピング枠現金化は、ローンやキャッシングなどの借入とは異なり金融業には該当しないため貸金業法の規制の対象になっておりません。
そのため、ショッピング枠現金化には書類審査そのものがなく、所得や就業履歴を証明するための「課税証明書」や「在職証明書」を提出する必要もありません。
つまり、クレジットカードさえ手元にあれば、無職であろうと確実な資金調達手段として活用できるのです。今すぐ現金が必要なときには誰にとっても頼もしいサービスであると言えますね。

トクする
現金化業者を選ぶ
詳しく知ろう
ショッピング枠の現金化

ショッピング枠現金化は、現金が足りない時に助かる便利なサービスです。その審査についてや、未成年や無職でも利用できるのかについて検証しました。

Copyright © 2016 ショッピング枠現金化厳選30社比較 - All Rights Reserved -