ブラックリストでも現金化はできる?

ブラックリストというワード、誰もが聞いたことはあるかと思います。
もしかすると、いまこちらをご覧の方の中には、
もしかしたら今自分はブラックリストに載っているのでは…?
と心配なさっている方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは、
ブラックリストとは一体なんなのか
そして一番気になる
ブラックリストでもクレジットカード現金化は利用できるのか
について解説いたします。

ブラックリストとは

ブラックリスト状態の泥沼

ブラックリストとは言ったものの、実際にその手のリストが存在するわけではありません。
ブラックリストに載る」というのは、いわゆる「信用情報に傷が付いた」状態のことを指します。

信用情報機関で管理されている各個人の信用情報は、銀行や消費者金融などあらゆる金融機関で情報共有されており、長期間や繰り返しの滞納をしたり、債務整理などを行うとそれが事故情報として記録されます。
事故情報が残っている人は新規の借り入れなどの際、審査に通らなくなる、これが「ブラックリストに載る」という状態です。

一度信用情報に傷が付くと、その事故情報が消えるまでには数年かかり、その間新規でのクレジットカード作成やローン契約などが難しくなるなどの不便を被ることとなります。
ブラックリストに載っていると当然消費者金融でのキャッシングも難しくなります。
そこで気になるのが、クレジットカード現金化の場合はどうなのか、ということ。
特に、すでに消費者金融での借り入れができなくなっている方にとっては死活問題になり兼ねません。

現金化は問題なくできる

結論から申し上げますと、クレジットカード現金化は利用者の信用情報を問わず、利用が可能です。
つまり、ブラックリストに載っている状態でも問題なく現金化ができます。

クレジットカードの信用情報に関わる審査は、カード会社が新規発行をする際に済ませています。
もしもその後信用情報に重大な問題が発生したとしたら、カード会社から利用停止の措置が執られることになるでしょう。
逆に言えば、現状クレジットカードを問題なく使えている、ということはカード会社が問題なしとしていることと同義であるため、我々のような現金化業者はそれを踏襲することができるのです。
以上のことからも、クレジットカード現金化が審査なしで利用できる理由がご理解いただけるかと思います。

自分の信用情報を確認する

自分の信用情報を調べる手順※CICホームページから引用
参考自分の信用情報を確認|指定信用情報機関のCIC
https://www.cic.co.jp/mydata/pc/index.html

ご自身の現在の信用情報が気になる方は、自分で調べることもできるので試してみてはいかがでしょうか?
例えば、信用情報機関の一つであるCICでは、情報開示料で1,000円かかりますが、自身の信用情報を確認することができます。

CICに登録されている情報は以下の通りです。

CICに登録されている情報※CICホームページから引用
参考信用情報について|指定信用情報機関のCIC
https://www.cic.co.jp/confidence/posession.html

この中でも、特に「クレジット情報」に該当する部分が様々に審査に利用されていると思われます。
表にも記載してある通り、クレジット情報は最長で5年間記録として残ってしまうため、カード事故を起こしてしまうとそこから5年間はブラックリスト状態となってしまいます。
日常生活にも支障をきたす可能性があるため、極力避けるよう心掛けましょう。